【身近に潜む大腸癌のリスク】名古屋で大腸内視鏡検査を行い早期発見を目指そう

癌は身近に潜む病気

普段生活をしている上で、癌のリスクになるようなことは少なくありません。健康のため、日頃から予防や大腸内視鏡検査などの定期的な検診を心がけていくことが重要です。

年々増えている癌患者

増え続ける理由

先進国の中でも、癌患者の死亡数が増え続けているのは日本だけと言われています。名古屋も例外ではありません。平均寿命が長いといったことから日本人は健康なんだと思いがちですが、癌による死亡率は米国の1.6倍であるといわれています。

癌になる原因とは

癌になる部位などは様々なので、総合的にこれが癌になりやすいといったものは少ないですが、明らかな癌の原因にはタバコや車の排気ガスなどの発がん性科学物質のせいであると言われています。

大腸癌の患者が徐々に増えてきている

タバコによって肺癌の発症率が高くなっていますが、それに続いて遺伝しやすいといった理由から大腸癌の患者などが増えてきています。定期的に大腸内視鏡検査を検討するようにしましょう。

日本人の部位別の癌死亡率

no.1

死亡率1位は肺癌

男性に限らず、女性にも喫煙者が増えているため、肺癌が理由で死亡する人が年々増加しています。タバコ以外にも、車の排気ガスなどの有害物質が原因になっていることも多くあります。

no.2

2位は増加傾向にある大腸癌

同じくタバコが原因となりがちな大腸癌は2位です。また、遺伝しやすい癌であるといった事から、男女ともに癌患者の死亡率が高いものとなっています。

no.3

3位の胃癌はアルコールが大きな原因

胃癌になってしまう大きな原因は、食事やアルコールだといわれています。アルコールは適量であれば健康にもいいとされていますが、度を過ぎた飲酒は胃に負担をかけるばかりか、胃癌へのリスクも高まります。

no.4

4位の膵臓癌は食事が原因

近年の食文化の欧米化や、野菜不足が主な原因とされています。野菜は細胞を修復する効果があるため、不足してしまうと細胞の修復ができずに癌細胞の餌食となってしまう可能性があります。

no.5

5位の肝臓癌とアルコールの関係性

こちらも過度の飲酒が原因となりやすいですが、胃癌や膵臓癌よりも死亡原因としては低くなっています。肝臓癌は他の癌から転移してきた転移癌である場合が9割とされています。

こういった症状があるなら大腸内視鏡検査を受けよう

よく便秘になったり、便秘が続いている

便秘には繊維質や水分の摂取不足や運動不足、精神的なストレスなどからくる便秘など様々ですが、便秘の原因の一つに大腸癌があります。大腸癌の腫瘍が大きくなることで大腸が狭くなり、排便に影響が出ている場合なども考えられます。

下痢の症状が多い

大腸癌は便秘にもなりやすいですが、それと同様に下痢のような症状が起きることがあります。大腸が狭くなることによって排便が滞り、回数が分かれて便意がきてしまうため、下痢と同じような症状がおきてしまいます。

血便が出る

便に血がついているなどの血便の場合、痔と自己判断してしまうことも多いですが、直腸癌や大腸癌などの可能性もあります。

40歳以上である

大腸癌は加齢とともに発症するリスクが増加していきます。多くの例は60歳を超えてから発症しますが、予防と早期発見のために40歳を過ぎてからは年に数年に一度は大腸内視鏡検査などで大腸癌の検査をするようにしていきましょう。

血縁者に大腸癌の患者がいる

癌の中には遺伝する傾向の強い癌があり、大腸癌もその一種です。大腸癌患者の約半分が遺伝性ともいわれていて、3親等以内の血縁者に大腸癌の癌患者がいる場合などは注意するようにしましょう。年齢を問わず、定期的な検査をすることで早期発見できます。

大腸内視鏡検査に関する情報

相談

大腸癌の詳しい症状

大腸癌は大腸内視鏡検査により早期発見ができます。この記事ではどういった症状がでたら大腸癌を疑い、検査を受けたほうがいいかを具体的にご案内していきます。覚えておいて、気になる症状が出ている場合には医師に相談して検査するようにしましょう。

READ MORE
ドクター

おおまかな大腸内視鏡検査の流れ

大腸内視鏡検査が初めてで不安といった方のために、一般的な大腸内視鏡検査の方法を紹介しています。

READ MORE
看護師

大腸内視鏡検査の方法は1つではない

一般的な大腸内視鏡検査は肛門か大腸内視鏡を挿入するため、抵抗感がある人も少なからずいます。そういった方は、他の大腸内視鏡検査を検討してみましょう。

READ MORE
広告募集中