大腸内視鏡検査の種類とその特徴を紹介します

大腸内視鏡検査の種類

大腸内視鏡検査にも種類がある

名古屋で一般的な内視鏡検査の方法としては肛門から直接大腸に挿入するといった方法をとりますが、どうしても抵抗感がある人などは少なくありません。そうした方のために、内視鏡検査には他にも種類があります。

バーチャル大腸内視鏡検査

バーチャル大腸内視鏡検査は、最新鋭のCTを利用して大腸の内視鏡と同等の精度で確認することができる機能です。痛みも少なく、検査時間も短時間で済むことが最大の利点です。デメリットとしては、早期がんなどの微細な異常が発見し辛くなってしまいます。

大腸カプセル内視鏡

大腸カプセル内視鏡は、カプセル型の小型内視鏡を飲み込んでから、小型内視鏡カメラの映像を写真にとり、遠隔で検査をする方法です。肛門から内視鏡を入れる必要がないため痛みはありませんが、検査前も検査後も下剤を服用する必要が有ることと、検査に時間がかかってしまうことがデメリットになります。

大腸内視鏡検査に関する情報

相談

大腸癌の詳しい症状

大腸癌は大腸内視鏡検査により早期発見ができます。この記事ではどういった症状がでたら大腸癌を疑い、検査を受けたほうがいいかを具体的にご案内していきます。覚えておいて、気になる症状が出ている場合には医師に相談して検査するようにしましょう。

READ MORE
ドクター

おおまかな大腸内視鏡検査の流れ

大腸内視鏡検査が初めてで不安といった方のために、一般的な大腸内視鏡検査の方法を紹介しています。

READ MORE
看護師

大腸内視鏡検査の方法は1つではない

一般的な大腸内視鏡検査は肛門か大腸内視鏡を挿入するため、抵抗感がある人も少なからずいます。そういった方は、他の大腸内視鏡検査を検討してみましょう。

READ MORE
広告募集中