大腸内視鏡検査が必要と判断される具体的な症状

大腸内視鏡検査が必要になる大腸癌の症状

大腸癌の初期症状

大腸癌の初期症状ではこれといった症状が出ることがほとんどなく、気づかない場合なども少なくありません。人によっては初期段階で、便が腐敗臭のようなにおいに変わるといった事もありますが稀です。

大腸癌が進行すると

癌細胞により大腸が圧迫されるため、腹痛や下痢が続くことがあり、便秘や下痢を繰り返しがちになることが多くなります。こういった症状が出て来る前に気づければいいですが、危険なサインとして大腸内視鏡検査を受けたほうがいいでしょう。名古屋でも大腸内視鏡検査が受けれるところは多くあります。

大腸癌が悪化してしまうと

癌細胞から出血することで、便に血液が混ざります。患部が小腸に近づいていくにつれて出血の色が鈍い色になってしまい、便も液状になってしまうために分かり辛くなってしまうことがあります。進行していると現れる症状と合わせて起きるため、とても危険なサインとなります。早めに検査に行って適切な対応をしましょう。

大腸内視鏡検査を行わずに末期になって発覚した場合

更に症状が悪化してくると、癌性腹膜炎といって腹膜に覆われた腹倥内に癌細胞が剥がれ落ちて散らばることによって腹部に水が溜まってしまう症状が起きたり、癌が様々な部位に転移したりしてしまいます。

大腸内視鏡検査に関する情報

相談

大腸癌の詳しい症状

大腸癌は大腸内視鏡検査により早期発見ができます。この記事ではどういった症状がでたら大腸癌を疑い、検査を受けたほうがいいかを具体的にご案内していきます。覚えておいて、気になる症状が出ている場合には医師に相談して検査するようにしましょう。

READ MORE
ドクター

おおまかな大腸内視鏡検査の流れ

大腸内視鏡検査が初めてで不安といった方のために、一般的な大腸内視鏡検査の方法を紹介しています。

READ MORE
看護師

大腸内視鏡検査の方法は1つではない

一般的な大腸内視鏡検査は肛門か大腸内視鏡を挿入するため、抵抗感がある人も少なからずいます。そういった方は、他の大腸内視鏡検査を検討してみましょう。

READ MORE
広告募集中